Guitarist Tatsutoによる楽曲解説③

track 4 “Birth Into The New World”

まずはイントロなどで使われているメインテーマ。使っている音を示しています。

マイナースケール(ラシドレミファソラ)を基礎として、まずはセブンス(ソ)の音を半音上げてます。
ハーモニックマイナーのスケールですね。

さらに5度(ソ)を半音下げ、いわゆる「悪魔のノート」。ブラックサバスの “黒い安息日” で有名な音です。
Reignなら “In Trance” のメインリフでもおなじみ。ヴィヴラートを深めにかけて怪しさ倍増を狙ってます。

ちなみに、この2音を含むこちらの音階を僕は「ジプシースケール」と呼んでいますが、それっぽいでしょ?
Reign “To Be Or Not To Be” のギターソロはこの音階をほぼなぞっているだけです。

さらに下の譜面はAメロのメインリフです。オクターブ下げただけで全く同じ音づかいですね。
こちらも毎回同じくですが、リハで適当にセッションしながら出てきたフレーズです(笑)。

それにしても、こんなリフに合わせてメロディーをつくるんやから、まいどまいど歌は大変やで。尊敬だわ〜。
ソロはまた違うスケールも使っていますので、その話は次回以降に。

Guitarist Tatsutoによる楽曲解説②

Track3 “Innocence”

4+2の6拍子。個人的にはとても好きなリズムです。変わった拍ですが、違和感なく聴けるのではないでしょうか。

上はイントロのアルペジオ。リハ中にアドリブで作ったフレーズで、ぶっちゃけ手クセです(笑)。
ルート+短3度+7度でコード感強めなはずなんですが、ボトムを半音ずつ下げて進行しているので、むしろ無調声な感じ。
これが「天国への階段」みたく、経過音としてベースラインを使いながら安定したコードに帰着する感じにすると(Am→Am/G#→Am/G→D/F#)「泣き」になるわけですね。

下は中間の4拍子の箇所。今度はトップの音を変えてます。テンションというより不協和音って感じですね(ボーカル、よく合わせてくれてるわ。助かる〜)。イメージは浅井“ベンジー”健一のシャーベッツでのプレイですけど、パクったつもりでも、よく聴いたら全然違うぞ(笑)

ライブではもっとリバーブかけますんで、さらに混沌な感じを期待してくださいね。

(Tatsuto)