Guitarist Tatsutoによる楽曲解説③

track 4 “Birth Into The New World”

まずはイントロなどで使われているメインテーマ。使っている音を示しています。

マイナースケール(ラシドレミファソラ)を基礎として、まずはセブンス(ソ)の音を半音上げてます。
ハーモニックマイナーのスケールですね。

さらに5度(ソ)を半音下げ、いわゆる「悪魔のノート」。ブラックサバスの “黒い安息日” で有名な音です。
Reignなら “In Trance” のメインリフでもおなじみ。ヴィヴラートを深めにかけて怪しさ倍増を狙ってます。

ちなみに、この2音を含むこちらの音階を僕は「ジプシースケール」と呼んでいますが、それっぽいでしょ?
Reign “To Be Or Not To Be” のギターソロはこの音階をほぼなぞっているだけです。

さらに下の譜面はAメロのメインリフです。オクターブ下げただけで全く同じ音づかいですね。
こちらも毎回同じくですが、リハで適当にセッションしながら出てきたフレーズです(笑)。

それにしても、こんなリフに合わせてメロディーをつくるんやから、まいどまいど歌は大変やで。尊敬だわ〜。
ソロはまた違うスケールも使っていますので、その話は次回以降に。

Guitarist Tatsutoによる楽曲解説①

みなさん、Reign ニューアルバム「Birth into the New World」聴いてくれていますか。ありがとうございます。

ギター練習のお供にタブ譜公開いたしますので(タブ譜の書き方、これで合うてんのかな・笑)、みなさん Reign 弾いちゃってください。

Track1 “Edge”

上はメインリフです。ハンマリングの部分にアクセントを入れつつも、ボトムのD開放については気持ちブリッジミュートをかけつつ淡々と弾くと気持ちいい。でも、この「淡々と」っていうのが難しいんですよね。無機の極みまで達すればベストなのですが。

下はサビのカッティング。トップノートが長3度になってますが、濁りも気にせずガンガンカッティングしてます(笑)。メインのレスポール以外にSGも被せているので、SG特有のジャキジャキした感じが聴き取ってもらえるでしょうか。

ではまた(^^) 不定期連載ですが、ヨロシクのほどを。

(Tatsuto)